シニア世代のための
セレクトショップ

えがお洋品店えがお洋品店

Blog

はじめまして

2021-05-14

こんにちは。

今月より新しくえがお洋品店に入りました川崎です。

これからどうぞよろしくお願い致します。

えがお洋品店_スタッフ

 

今回は当店取扱いブランドであり僕の大好きなCIOTA(シオタ)について少しお話できればなと思います!

 

「CIOTA」

CIOTAは岡山県南区の縫製工場でもあり生地屋さんでもある株式会社シオタが手がける日本のブランドです。

デザイナーは荒澤正和さんという方でアパレルで20年以上働いてきた大ベテランです。

CIOTAは原料の選定から生地のデザイン、生地織り、洋服デザイン、縫製、製造といった洋服作りにおける全ての過程を行なっており、同時に生地屋でもあるCIOTAは洋服に使われる綿生地も自社開発のオリジナルを使用しています。

そんな洋服作りに対して強いこだわりを持つCIOTAですが生地の原料となる綿花もまたすごいものを使っています。

原料となるのはSUVINCOTTON(スヴィンコットン)というインド南部でのみ栽培される綿花です。

SUVINCOTIONとは?となる方もいると思うのでこちらも少しだけ書いちゃいます!

 

「SUVINCOTTON」

生産地はインド南部です。

インドは世界最大の綿花産地であり高級綿の生産地として知られる国でそんな高級綿の生産地として有名なインドの中でも最高峰の綿であり「綿の宝石」また「インドの誇り」といわれる綿花の王様です。

実際衣服に使われる綿には色々な種類がありますが一般的に高級綿糸とされるのが「超長綿」といわれる綿です。綿糸は長く細ければ細いほどやわらかな肌触りと高級感あるツヤ感そして高い耐久性が生まれます。

そういった綿を「超長綿」といい、高級綿に分類されています。

「超長綿」はその機能性に加え生産数が少ないことから高級綿とされており、全世界での年間綿花生産数は約2600万トンとされておりそのうち「超長綿」の生産数は約39万トンで全ての綿の中でわずか1.5%程しかありません。

そして、その「超長綿」の中でも世界最高峰といわれるのがスヴィンコットンです。スヴィンコットンの年間生産数はわずか200トン。実に年間綿花生産数の0.00001%しかない超希少な綿なのです。

スヴィンコットンは数ある高級綿糸の中で最も長く細い繊維を持ちそれはまるでシルクのような光沢とカシミヤのような肌触りそして強度を持つ綿として知られています。

コットンなんだけどコットンとは思えない程のなめらかな質感しっとりとした肌触りまるでシルクのような質感なんです。

加えて強度の高さは驚くものでガシガシ洗ってガンガン着ちゃえます!

 

これ以上は僕のCIOTA愛が止まらなくなるのでこの辺りで・・・笑

 

そんな極上の素材を最大限に活かしたCIOTAの洋服を是非店頭で手に取りその世界観を堪能してください。

 

これからみなさまにお会いできることを楽しみにしています。

これからどうぞよろしくお願い致します。

えがお洋品店_スタッフ

本日もえがお洋品店にてお待ちしています。

 

 

 

 

えがお洋品店

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-20-14 山下ビル2F
TEL:03-5980-9850 TEL:03-5980-9850

PAGE TOP