シニア世代のための
セレクトショップ

えがお洋品店えがお洋品店

Blog

涼を生みだす

2021-07-04

毎日毎日雨!!

ミミズさんこんにちは!

カエルさんも大喜びな毎日ですね!

 

雨の日の匂いもこの時期ならでは。

誰もいないか確認してこっそりマスクを外し、緑が濡れる匂いをしっかり吸い込み梅雨を感じてます。

えがお洋品店の久瀧です。

 

朝から毎日雨ザーザーですね、、

折りたたみ傘デビューしたので、次はレインブーツとこころにきめています。

 

 

さて、最近は梅雨といいながら、あまり涼しくはならず、期待はずれな毎日。

歩いて目的地まで向かい、ついた時にはじんわり汗、、、たすけてー!状態です。

わたくし、基本暑がりの為いつでも程よい涼をもとめています。が、道産子の為、強い冷房はちと苦手です。

最近ではミニ扇風機が出ていて便利そうでいいな!と思いながらも、荷物重くなって肩こりひどくなるかしら、、、なんて思ったり。

わがままですね(笑)

 

ですが、そんな時にお役立ち、久瀧梅雨の三種の神器、、、折りたたみ傘、レインブーツ、もう1つトライしてみたいものそれが「扇子」です。

 

 

じゃん!!

可愛い。

 

 

 

 

京都の創業1894年「みのや扇舗」が、2017年に立ち上げた新ブランド/fan/fun。

扇子を楽しんでほしい。
扇ぐことを楽しんでほしい。
扇子のファンになってほしいという願いが込められているそうです。

 

 

 

ここで扇子豆知識

竹と紙で出来ている扇子作りは分業化されているそうで、「骨屋」「紙屋」「絵屋」「箔屋」「折屋」「付屋」と87回職人の手を通ると言われています。えー!!!!!ですよね!!めちゃめちゃ愛がつまっている。

 

 

みのや扇舗さんはその工程の、扇子の骨と紙を繋げ、仕上げる「付屋」の役割を担っているそうです。

 

沢山の愛がこもった扇子なんだなぁとおもうと、より、大切にしてくださる方へ愛をもってお渡ししたいなと思うばかりです。

 

久瀧、お気に入りポイントとしまして、

 

きらりとしているこの一線一線

 

はぁ、、素敵

 

 

 

この鳥の尻尾のような下部

なぜかここが昔から綺麗にひらく様が好きです。美しい。

 

 

 

裏面の光沢感も繊細です。

きらり。

 

 

 

たぶん全部お気に入りポイントです。

愛のこもった優しい「涼」を生み出してくれる扇子をお供に、この梅雨を、この夏をのりきりませんか?

 

本日もえがお洋品店にてお待ちしております!!

 

えがお洋品店

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-20-14 山下ビル2F
TEL:03-5980-9850 TEL:03-5980-9850

PAGE TOP